運動

リバウンドしないダイエットの簡単な方法

リバウンドしないダイエット方法を教えます。

プロフィール

リバウンド,ダイエット,痩せる,食事,簡単

リバウンドしないダイエットの簡単な方法の管理人あおばです。 わたしはいままであらゆるダイエット方法を試してきました。 効果的なのは正しい知識と正しい方法でダイエットを行うのが近道です。 リバウンドしないダイエットの簡単な方法ではあなたが間違ったダイエット情報に だまされないように基本的なダイエット知識のサイト作成としました。 間違えないダイエット方法はリバウンドしないのです。 リバウンドしないのが簡単なダイエット方法です。

間違えないダイエット法の詳細はこちらです。

ダイエット,リバウンド,痩せる,食事,運動

Sponsored Link

ストレッチ

リバウンドを繰り返さないためにもダイエットには運動が必要です。 長く続けられる運動を教えます。 ストレッチです ストレッチはエクササイズや運動の前後に行うものです。ストレッチは筋肉をほぐしてくれるだけでなく、これだけでもダイエットを十分助けてくれます。それもそのはず、ストレッチには全身の代謝を上げ、エネルギー消費量をアップしてくれる効果があるのです。ほかにも、怪我の予防や柔軟性の向上に血行促進、運動による疲労の回復にも役立ちます。また、ストレッチには、筋肉の緊張をほぐして疲労物質を取り除いてくれる効果もあります。疲労がとれてリラックスする事でストレスによる暴飲暴食をおさえる効果も期待できます。気持ちよく筋肉の伸びを感じながら、じゅうぶんに行いましょう。ストレッチは椅子に座ったまま出来るものや布団の上で出来るもの等もあります。とくに忙しい方にはこのダイエット法は有効なのではないでしょうか。例えば、首を自然にまっすぐ立てて、左にゆっくりと倒します。軽い刺激がある程度まで首を倒したら、10秒数えながらゆっくり呼吸します。倒した首をゆっくりとたてて、今度は右にゆっくりと倒します。同じように10秒数えながらゆっくり呼吸します。これを1〜3回くらい繰り返します。コレだけでも十分に効果が期待できるのです。是非、試してみてはどうでしょうか。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

ウォーキング

やはりもっとも健康的なダイエットは食事を制限したものではなく、運動をメインにしたものと言えるでしょう。無酸素運動より有酸素運動を有効に取り入れたものと言えばウォーキングでしょう。 運動としては1番ムリがなく、スポーツ経験のない人でもすぐに始められる運動がウォーキングです。効率よく背筋を伸ばして歩幅を普段歩くより広げ、腕を大きく振り、腰をひねるようにして早足で歩きます。かかとから着地し、つま先で地面をけり出すようにします。1日15分くらいから始めて、慣れてきたら30分から1時間くらいに増やしていきましょう。 脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しないといわれるので、止まらないで歩きたいものです。ウォーキングをする上で姿勢もだだして歩くことで効果がさらにあがります。またスピードは少し息が上がるくらいのスピードで歩くようにし、決して無理はしないようにしましょう。持続することが大切で、早く歩くことが目的ではないからです。また、時たま早起きして早朝にウォーキングをされる方を見かけますが朝は血糖値が低いので立ちくらみの原因にもなり効果もあまり望めないのでおすすめしません。 あくまで自分の都合のいい時間に出来るのがウォーキングの良いところです。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

ボールダイエットとは

ボールを使って行う球技運動もダイエットにいいようです。

ボールを使ってもっとも激しいダイエット効果があるのがテニスです。

テニス
は長方形のコートを二分してボールを追いかけてラケットで打ち返す運動ですが、全身の運動が必要なダイエット効果の高い球技といえます。ボールの種類により硬式と軟式があり、世界大会も開催されているほど様々な年代に愛好者がいる球技です。不安定なボールを使い転がらぬよう、落ちないよう気を配らなければならないので、色々な部位の筋肉を使います。

クラブでボールを打つ動作だけでなく、時間をかけて長距離を歩くことで心肺機能が高められ、足の筋肉が引き締まる効果もあります。

バランスボールと呼ばれる柔らかめのボールを使ってエクササイズをする、バランスボールダイエットも有効です。卓球、バドミントン、サッカー、バレーボールなどもダイエット効果の高い球技スポーツです。



バランスボール
運動で使う筋肉は、意識して鍛えないとなかなか鍛える機会のない部分です。テニスほど激しい運動はしませんが、ゴルフも運動効果の高い球技といえます。運動のためや趣味で始める人も多く、盛んに行われています。

 バランスボールはゆったりとしたダイエット運動なので、ゆらゆらと体をボールに預けている間に、体の凝りもほぐれ、血流もよくなるストレッチの効果も同時に得られるエクササイズです。バランスボールはプヨプヨとしている球の上にお尻を乗せたりし、自分で体のバランスをとります。

ご自宅で気軽に始められるダイエット運動として、バランスボールは、盛んです。テレビでも見ながらゆらゆらゆれていれば無理なくダイエットできます。効果はすぐには見えませんが、徐々に痩せていくので、自然とダイエットもできリバウンドもしません。

Sponsored Link
|
Sponsored Link

子どもの肥満

どんどん増えている子どもの肥満は、30年前と比較してみると2倍にもなり、1割が肥満ということになるのです。

子供の肥満やメタボリック症候群の約70%は、大人になっても移行する可能性も高いようです。子どものメタボリック症候群は、運動不足や不規則な生活、脂肪の多い食事、それからコンビニなどでいつでも買ってものが食べられる環境などが原因となっているのです。


ダイエットメタボリック症候群診断基準が出されているのです。肥満気味の子どもには、できるだけ早めに検査を受けさせるようにし、メタボリック症候群を予防することが大切です。

食生活を改善することが、子どものメタボリック症候群の一番の予防になります。

子どものメタボリック症候群がそれくらい多く、予防と対策が必要とされていることを証明していることになります。

子どもの間もにも広がっているメタボリック症候群が、今問題になっています。けれどもメタボリック症候群の予防のためだからと、子どもに無理なダイエットをさせようとすることは賢明ではありません。



子どもにダイエットをさせようとすると反発からか急激なリバウンドになります
Sponsored Link
|
Sponsored Link

メタボ予防 運動

リバウンドを繰り返さず、ダイエット効果がある運動方法があります。


少し早歩きするくらいのウォーキングが一番適していて、外の景色も眺めながら行うと、メタボリック症候群の予防としては長続きできるでしょう。ウォーキングや水泳に行く時間の余裕がない人や、不規則な生活をしている忙しい人の中にこそ、メタボリック症候群になりやすい人が多いのかもしれません。

メタボリック症候群予防になる運動とは、どんな運動があげられるでしょうか。

自分に合った運動を気軽に続けることでメタボリック症候群の予防につとめましょう。体内の中性脂肪を燃焼させるための運動といえば、有酸素運動がまず上げられるでしょう。

メタボリック症候群
の予防には食事による効果がありますが、運動もまた効果的な予防方法のひとつです。

メタボリック症候群を防ぐには、適度な運動をすることもいいでしょう。メタボリック症候群を予防するには、水泳も最適の有酸素運動で、これも疲れすぎない程度にゆっくり泳ぐようにしましょう。激しい運動をする必要はなく、うっすら汗をかく程度で継続できる運動を選びましょう。


踏み台昇降運動や、ラジオ体操などは室内で誰でもできる運動ですので、多忙な人のメタボリック症候群の予防を運動でするにはぴったりといえるでしょう。誰でも簡単に取り組めるのはウォーキングで、歩く時間は20分以上過ぎると脂質が燃焼してくるといわれています。そのような時間のない場合は、家の中でできる有酸素運動を選ぶといいでしょう。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

エクササイズ

お腹の脂肪を取るためには、食生活を改善するとともに誰でも簡単に
できる、お腹やせのエクササイズ

を行うと、大変効果が上がります。

 リバウンドしなくなります

 体が動きそうになったら腕で床を押さえて、息は吐きながらゆっくりと繰り返します。わき腹の脂肪を取る

ためのエクササイズもあり、これもお腹の脂肪を取るエクササイズとともに実行してみましょう。そんな

お腹の脂肪を減らすエクササイズを実行する時間は、自分がもっとも習慣にしやすい時間が良く、これ

が適した時間なのです。

下腹の脂肪を減らすための運動もあり、これもエクササイズとして効果があり

ます。

まず仰向けに寝て頭と足を少し浮かし、ひざは曲げて徐々にまっすぐに伸ばすようにしますが、かかとを

床に付けないでぎりぎりのところでとめます。わき腹の脂肪を減らすためのエクササイズとは、体を横に

して肩ひじと足で支え、腰と上体を浮かし静止させるものです。

上体を持ち上げるときに、肩甲骨が床に

つかないようにすると、お腹の脂肪をとるためのエクササイズとしては効果が上がります。お腹の脂肪を

減らすには、みぞおちを引き締める運動を行うエクササイズがあり、これにはまず寝てひざを立て、足

を肩幅くらいに開き、腹筋をするように背中を丸めて上体を少しだけ起こします。

お腹の脂肪を取るエクササイズは自宅で簡単にできるものばかりですから、是非毎日の生活習慣に取

り入れていきましょう。

わき腹の脂肪燃焼がより効果的に促進されるようにするには、浮かしたわき腹が

反らないでまっすぐになるよう力を入れることです。たとえば寝る前やお風呂の前など、毎日続けても無

理が来ないような時間帯を決めるといいでしょう。お腹の脂肪を取るためには、食生活を改善するとともに

誰でも簡単にできる、お腹やせのエクササイズを行うと、大変効果が上がります。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

運動

目標体重を達成したら楽しい運動だけ続ければいいのです。

その後も継続できるプランは、「ダンスを楽しみながらくびれ作り」「正しい姿勢とウォーキングで常時燃焼体

質」「疲れを感じたら風呂上りにセルフマッサージ」とか、「しっかり湯船につかって体を温める」など、難しく考

えずに自分ができそうな体にいいことを実践してみましょう。


運動と同じように、マッサージエステなど、体を引き締めるためのケアも続けられるプランを考えておき

ましょう。ですから、「○キロになるまで続ける!」ではなく、「ずーっと続けられる」ことを前提とした楽しい運

動+燃焼用運動というプランで取り組みましょう。

短期集中でギュッと引き締めるにはサロンを利用するのも

いいでしょう。

 一時的に運動して痩せたとしても、運動をやめてしまえば、ダイエットではなくリバウンドがおきます。
Sponsored Link
|

ストレッチ

リバウンドを繰り返さないためにもダイエットには運動が必要です。 長く続けられる運動を教えます。 ..
>>ストレッチの全文を読む

ウォーキング

やはりもっとも健康的なダイエットは食事を制限したものではなく、運動をメインにしたものと言えるでしょう..
>>ウォーキングの全文を読む

ボールダイエットとは

ボールを使って行う球技運動もダイエットにいいようです。

ボールを使ってもっとも激しいダイエット..
>>ボールダイエットとはの全文を読む

子どもの肥満

どんどん増えている子どもの肥満は、30年前と比較してみると2倍にもなり、1割が肥満ということになるの..
>>子どもの肥満の全文を読む

メタボ予防 運動

リバウンドを繰り返さず、ダイエット効果がある運動方法があります。


少し早歩きするくらいのウ..
>>メタボ予防 運動の全文を読む

エクササイズ

お腹の脂肪を取るためには、食生活を改善するとともに誰でも簡単に
できる、お腹やせのエクササイズ
..
>>エクササイズの全文を読む

運動

目標体重を達成したら楽しい運動だけ続ければいいのです。

その後も継続できるプランは、「ダンスを..
>>運動の全文を読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。