ボディ維持

リバウンドしないダイエットの簡単な方法

リバウンドしないダイエット方法を教えます。

プロフィール

リバウンド,ダイエット,痩せる,食事,簡単

リバウンドしないダイエットの簡単な方法の管理人あおばです。 わたしはいままであらゆるダイエット方法を試してきました。 効果的なのは正しい知識と正しい方法でダイエットを行うのが近道です。 リバウンドしないダイエットの簡単な方法ではあなたが間違ったダイエット情報に だまされないように基本的なダイエット知識のサイト作成としました。 間違えないダイエット方法はリバウンドしないのです。 リバウンドしないのが簡単なダイエット方法です。

間違えないダイエット法の詳細はこちらです。

ダイエット,リバウンド,痩せる,食事,運動

Sponsored Link

太もものダイエット

普通のダイエットに成功しても太ももや下半身部分をきれいにダイエットするのはなかなか難しいでしょう。体重を押さえられたら次は太もものラインを美しくダイエットさせましょう。血行や水分代謝も改善するダイエット法ですので、足の疲労回復やむくみにも効果があります。特に、両方の手のひらの下部をぴったりとあてて、力を入れて上から下にこすります。終わったら今度は下から上へと力を入れ、つかむようにマッサージします。何度か繰り返し、筋肉が張ってくる感じがしたら終わりにします。椅子に腰掛けます。足はそろえてリラックスさせてください。親指と人差し指で、膝のお皿を両側からつかむようにしてマッサージします。お皿を持ち上げるようにしたら、お皿の両側を30回ほど押すようにマッサージします。椅子に腰掛けて、足はリラックスさせます。両方の手のひらの付け根で、力を入れて弾ませるように上から下へ30回くらい足をたたきます。もちろん、1回だけしたところで、疲労回復やむくみにはききますが、ダイエット効果は得られないでしょう。コレを毎日続けてみましょう。少しずつですが効果が感じられるように根気よく、続けてみましょう。太ももまでダイエットできたら、リバウンドしません。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

ダイエット カロリーコントロール

ダイエットには実は運動もサプリメントも必要のない,「ダイエットカロリーコントロール」と いう方法があるのです。これはその名の通り,カロリーの摂取方法を考えて変えることによって ダイエットを成功させる方法です。 しかし間違ったカロリーコントロールのダイエットは返って危険です。ダイエットをする為には カロリーの摂取量を,消費する量より減らさないといけません。しかし,カロリーを減らすのは 良いけれど,必要な栄養素まで知らず知らずのうちに減らしてしまうことが多いのです。 一時流行ったリンゴダイエットやたまごダイエットなどの単品の食品のみでのダイエット方法も これに当たり,必要な栄養素を摂取することのできない危険なダイエット方法だといえます。 ダイエットをする際には,自分に合った目標体重を設定することが大事です。BMIという体格 指数によって導き出された標準体重を参考にすると良いでしょう。 BMIとは,体重(kg)を身長(m)で2回割った数値になります。 BMI=22の体重がダイエットの目標体重の目安です。 標準体重の計算は,身長(m)×身長(m)×22となりますのでダイエットをしようとしている 人は参考にしてください。 また,カロリーコントロールのダイエットには,パンよりご飯を食べるのが良いでしょう。 食事について詳しい記事は>> 33
Sponsored Link
|
Sponsored Link

産後 ボディ維持

出産は女性にとって非常に大きなダメージがあります。特にカルシウムが減少し、骨粗蒡状態になります。その回復期である産後にダイエットをする場合には、通常時に比べて方法等を良く検討しなければなりません。

 腹筋等で筋力をつけながらウォーキングなどで効率よくカロリーを消費できれば理想的です。病人ではありませんから、何でも食べられます。やはり栄養のバランスといえば、玄米や豆類を中心に摂るのが一番。ただし、日本人は米や豆等を自然と多く接種しているのでその点は注意しておくべきです。

カロリーの量を押さえることよりもカロリーを消費することを考え、食事はフルーツや野菜などもしっかりとるようにして、栄養のバランスを考えるようにしましょう。特にカルシウムが減少し、骨粗蒡状態になります。積極的に運動しましょう。また、授乳もありますので、サプリメント等の摂取は師等の指示通りに行いましょう。

 念のため、産後ダイエットの前には医師からアドバイスをもらうようにしたほうが良いでしょう。運動しないで食べると確実に太ってしまう時期ですので要注意。その回復期である産後にダイエットをする場合には、通常時に比べて方法等を良く検討しなければなりません。無理はしない方が良いけれど、体型は戻したいですよね。

無理をするとリバウンドの繰り返しになりますから、ウォーキングなどの続けられる運動産後ダイエットに適しています。

Sponsored Link
|
Sponsored Link

脂肪燃焼

脂肪の燃焼を活発にさせるためには、筋力をつけて基礎代謝を上げることが重要で、体重を減らすだけ

ではだめなのです。

脂肪燃焼をバックアップする栄養素が足りていないと、いくらエクササイズなどでダイエットをしようと

思ってもお腹はやせないのです。常に意識し胸を高くして顎を引き背中は反らないようにして、お腹を突

き出さないようにすることがポイントです。毎日行えばリバウンドしません。



立っていようと座っていようと、常にお腹を引き上げるような姿勢を保つようにします。脂肪を減らすだけ

でなく筋肉をつけることも脂肪燃焼に役立つわけで、そのために食事の中にたんぱく質を多く取り入れ

るようにしましょう。お腹の脂肪を減らすには、まずお腹に脂肪がつきにくくなるようにすることで、お腹の

脂肪を燃焼させることが一番なのです。

お腹の辺りの脂肪をなくし、すっきりしたお腹周りにするために

は、どうすればいいのでしょうか。

ローカロリーのものだからと食べ過ぎればカロリーはオーバーするもので、消費カロリーと摂取カロリー

のバランスを考えて食べることです。脂肪燃焼に役立つ栄養素はビタミンB1やB2などで、B1は炭水化

物を燃焼させ、またB2は脂肪を燃焼させるのに役立ちます。

ダイエットをしているときでなくても、とに

かく食べすぎは体に毒であることは確かです。リバウンドになる原因です。

お腹の脂肪を減らすために、まず大事なことは常にお腹緊張感を持って姿勢を正しくして生活することで

す。お腹周りの脂肪を減らすためには、食事にも気をつけることが大切で、特に食べてはいけないものは

ないものの、肝心なのは食べる量です。
Sponsored Link
|

太もものダイエット

普通のダイエットに成功しても太ももや下半身部分をきれいにダイエットするのはなかなか難しいでしょう。体..
>>太もものダイエットの全文を読む

ダイエット カロリーコントロール

ダイエットには実は運動もサプリメントも必要のない,「ダイエットカロリーコントロール」と いう方法が..
>>ダイエット カロリーコントロールの全文を読む

産後 ボディ維持

出産は女性にとって非常に大きなダメージがあります。特にカルシウムが減少し、骨粗蒡状態になります。その..
>>産後 ボディ維持の全文を読む

脂肪燃焼

脂肪の燃焼を活発にさせるためには、筋力をつけて基礎代謝を上げることが重要で、体重を減らすだけ

..
>>脂肪燃焼の全文を読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。